ホーム

ファクタリング建設債権保証・下請債権保全支援事業 -よくあるご質問-目的からサービスを探す

Q1
公共工事だけでなく、民間工事も保証対象になりますか?
A
「下請債権保全支援事業」、「建設債権保証」ともに、公共工事、民間工事のみならず、これに伴う建設資材の販売等の債権も保証対象になります。
Q2
発注者が「経営事項審査」を受けていませんが、保証できますか?
A
「下請債権保全支援事業」はご利用いただけませんが、「建設債権保証」をご活用ください。
Q3
事前審査で保証可能先が、正式申込時に保証不可能となる場合がありますか?
A
事前審査で保証可能先が正式申込時点では保証不可能となる場合がございます。 一企業当たりの取扱額には限度があり、対象企業の財務的な業況変化や他社から多額な保証申出などの可能性もあり、事前審査時と相違する場合があります。
Q4
「下請債権保全支援事業」と「建設債権保証」は併用できますか?
A
可能です。
詳細はお問い合わせください。

「下請債権保全支援事業」における助成金のお取扱期限、本事業の詳細については、一般財団法人建設業振興基金のサイトをご覧ください。

「下請債権保全支援事業」の制度について

ページトップへ