素顔のSMBCファイナンスサービス

SMBCファイナンスサービスのファイナンスサービスって、どんなビジネスモデルなんだろう?コンサートのチケットの決済とか、実は身近な仕事でもあるファイナンスサービスについて、就活中の夢野未来さんと一緒に学んでいきましょう。

SMBCファイナンスサービスに
入社した決め手は?

選考の過程で出会った社員の人柄や社内の雰囲気、親身な姿勢で語り合う採用スタイルから社風の良さを感じた、との意見が圧倒的に多い結果となりました。また、「金融業に携わることで世の中に貢献できると思った」「サービスを通じて幅広い業界の企業を支える仕事に魅力を感じた」など、事業内容を決め手に挙げる意見も多くありました。

SMBCファイナンスサービスに
入社して良かったことは?

「先輩や上司との出会い」が多い結果となりました。「経験豊富な方が非常に多く、フォローするからやってみろと後押ししてもらうことが多いです」「いつも優しく声をかけてもらいます」など、尊敬できる先輩や上司に囲まれた良い雰囲気の中で仕事ができていると感じる人が多いようです。休暇を取りやすく、残業も少ないため、オンとオフのメリハリをつけて働けるという意見も目立ちました。

SMBCファイナンスサービスを
ひと言で表すと?

会社の居心地のよさを社員が実感している結果となりました。ただし、快適な環境が会社から与えられているだけではありません。「毎年、グループで行われている『人権啓発に関する標語』に数多くの応募が集まるなど、人を大事にする意識が高い社員が多い」という意見も。社員自身が働きやすい環境づくりに取り組んでいます。

休日の過ごし方は?

外に出かけて体を動かすアクティブ派や、家でゆっくり過ごすのんびり派など、休日のすごし方は様々ですが、連続休暇を取得しやすいこともあり、旅行に出かけるという意見が多い結果となりました。「プライベートの時間を確保しやすいため、自己啓発や趣味に時間をかけやすい」という意見もあり、資格の勉強や通信教育に取り組む人も目立ちます。

就職活動の思い出を教えてください。

就職活動は大変なことも多いと思いますが、多くの企業・社員の方々にお会いできる良い機会です。焦らずに自分で見て、聞いて、感じれば、きっと道は開けると思います。

就職活動をする中で、悩んだり、落ち込んだり、周りの友達の話を聞いて焦ったりすることもあるかと思います。気持ちが流されてしまうことが多い就職活動ですが、自分の軸をしっかり持っていれば、自分に合う素敵な会社に出会えるはずです。

就職活動は大変なものですが、様々な人と話をする機会が多い時期でもあります。また、同じ目標を持つ学生に出会う機会でもありますので、積極的に人と関わり、多くの人から刺激をもらってください。

行きたい会社が、必ずしも自分に合った会社とは限りません。業界や企業に関する研究を行うのはもちろんのこと、自分を余すことなく伝え、入社後、お互いにギャップがないようにすることが大切です。等身大の自分を伝え、自分に合った会社を見つけてください。

当社の面接では、幼少期からこれまでの思い出や特技、自慢話など、自分自身について思いつくままに話す機会をいただき、自分がどんな人間であるか再認識することができました。また、短い面接の中で「私」を理解しようという会社側の真摯な姿勢に好感を持ちました。

面接で緊張してしまうタイプなのですが、当社の面接では、じっくりと話を聞いてもらい、言葉に詰まっても次の言葉を引き出すように質問を投げかけてくれたり、同調してくれたりして、とても話しやすかったです。

面接前に立ち寄ったカフェで、隣の席に座った方に励ましの言葉をいただきました。就職活動中は一人で行動する機会が増えますが、見ず知らずの方からの応援に驚きつつも、元気が出ました。

入社してから一番の思い出を教えてください。

入社式で新入社員代表の挨拶を担当しました。任せていただいた期待に応えたいという思いと、自らを成長させる良い機会と捉え、引き受けました。本番では、練習通りとはいきませんでしたが、準備から本番までの経験は、今後の成長につながると信じています。

入社後の研修期間に東京と大阪の同期が集まり、花見をしたことです。これからの生活に期待と不安を抱きながらも、「絶対に頑張ろう」と励まし合いました。

配属当初、部長から「マイペースでいいから、まずは“正確・迅速・丁寧に”の“正確”を心がけていれば、心配しなくても成長できるよ」とアドバイスしてもらったことです。緊張が和らぎ、焦らずじっくり仕事に取り組もうと思えるようになりました。

入社後に指導員の先輩と過ごした時間です。時に厳しく、時には飲みに誘ってもらい、仕事の醍醐味を聞かせてもらえたことが印象に残っています。

「君がやったのなら大丈夫」「君のおかげでできた」「あなたがいないと仕事が回らない」と初めて言われた時です。自分が信頼されている、任せられていると感じ、うれしかった。

営業1年目に自らマーケティングで見定めた企業に対し、自分でアポイントを取り、商品を提案した結果、採用していただくことができました。調整から成約まで全て一人で完結することができた経験が、自信につながりました。

入社3年目に難易度の高い仕事を担当し、苦労したことです。なかなか仕事が進まず、落ち込むこともありました。しかし、いつでも相談できて、親身に支えてくれる先輩のおかげで無事成約。一人で悩まず、オープンな姿勢で周囲と関わることの大切さを知りました。

入社1年目のクリスマスパーティーでのパフォーマンスが思い出に残っています。新入社員の余興は当社の恒例行事。業務後や休日に集まり、練習を繰り返したことで、同期との団結が深まりました。また、本番で多くの方に喜んでもらえた時の達成感は格別でした。

学生のみなさんに向けてメッセージをお願いします。

就職活動は大変なことも多いと思いますが、多くの企業・社員の方々にお会いできる良い機会です。焦らずに自分で見て、聞いて、感じれば、きっと道は開けると思います。

就職活動をする中で、悩んだり、落ち込んだり、周りの友達の話を聞いて焦ったりすることもあるかと思います。気持ちが流されてしまうことが多い就職活動ですが、自分の軸をしっかり持っていれば、自分に合う素敵な会社に出会えるはずです。

就職活動は大変なものですが、様々な人と話をする機会が多い時期でもあります。また、同じ目標を持つ学生に出会う機会でもありますので、積極的に人と関わり、多くの人から刺激をもらってください。

行きたい会社が、必ずしも自分に合った会社とは限りません。業界や企業に関する研究を行うのはもちろんのこと、自分を余すことなく伝え、入社後、お互いにギャップがないようにすることが大切です。等身大の自分を伝え、自分に合った会社を見つけてください。

就職活動で行きづまった時には、友人と会う時間や趣味に費やす時間を作るなど、息抜きをすることも大切に。

就職活動を少しでも楽しむ気持ちがあれば、重苦しい気持ちでいるより頑張れると思います。人と話すことでも、訪れた先でおいしいものを食べることでもいいのです。楽しむ気持ちがあれば、面接でより自然な自分をアピールできると思います。

世間一般の印象や一時的なネームバリューにとらわれない企業選びが大切です。社員の人柄や社内の雰囲気は数年で作れるものではありません。表面的な印象や目先の条件だけでなく、「長く働きたい」と思える会社を見つけてほしいと思います。