建設債権保証・
下請債権保全支援事業 -導入事例-目的からサービスを探す

1.公共工事の下請を中心に行っているお客さま導入商品:下請債権保全支援事業

課題

  • 取引先の多くは入札で決定する為、取引先が都度変わってしまう。
  • 信用力の低い取引先とも取引せざる得ない場合が多い。

導入の決め手

  • 1社1取引から保証が可能である点
  • 国土交通省の制度であり、助成金を活用できる点。

2.他保証に満足していないお客さま導入商品:下請債権保全支援事業・建設債権保証

課題

  • 取引期間が限定的な先に年間型の保証はもったいない。
  • 保証金額が少額であり、希望額に満たない。

導入の決め手

  • 取引中の必要期間のみの保証が可能である点。
  • 不足分の追加保証が可能であり、他保証と併用できる点。

3.積極的な営業展開を計画しているお客さま導入商品:下請債権保全支援事業・建設債権保証

課題

  • 業況も悪くなく、取引量を増やしたいが、多額受注にはなんらかの保全が欲しい。
  • 遠隔地の企業と取引を行うには、取引先の情報が少ない。

導入の決め手

  • 保証を利用することによりリスクを回避して、新規先との取引に安心して踏み込める点。
  • 全国の幅広い相手に保証が可能である点。

4.昨今は民間工事も積極的に受注しているお客さま導入商品:建設債権保証

課題

  • 助成金も活用できる「下請債権保全支援事業」を利用したいが、取引先が経営事項審査を受けていない。

導入の決め手

  • 経営事項審査を受けておらず、「下請債権保全支援事業」で保証できない先の保証が可能な点。

下請債権保全支援事業・建設債権保証についてのお問い合わせ